園だより

2022年

10月号

園長 西田恵美子

運動会特集

2022年10月8日(土)、15日(土)、22日(土)

10月8日、15日、22日と土曜日3週にわたってそれぞれのクラスが運動会を行いました。昨年は4、5歳のみの運動会でしたが、今年は同日ではなかったものの、1、2、3歳も運動会ができて本当に良かったです。みんなで“笑顔いっぱい”の運動会ができました。

ぞう組の太鼓“秩父屋台囃子”初披露!
竹馬に跳び箱に縄跳び…ぞう組は自分の得意な事を披露したよ
きりん対ぞう保護者の綱引き。さてどっちが勝ったかな?
きりんもぞうもお父さんお母さんに抱っこにおんぶされていい笑顔!
きりん組も初の紅白リレー頑張ったね!
きりん組のリズムのカエル大ジャンプ
くま組親子列車
りす組列車!楽ちん楽ちん
うさぎ組はお母さんとリズム遊び

各クラス運動会の感想
ひよこ組(0歳児)

 今年はひよこ組だけ運動会は行いませんでしたが、懇談会の中で普段やっているわらべうたあそびなどをお母さん、お父さんと一緒にできました。

りす組(1歳児)

 当日は雨も降らずりす組14人全員が参加できて良かったです!ずっと抱っこになるかな?と思っていましたが、ニコニコ笑顔で楽しんでいて私も嬉しかったです。リズム運動ではしっかり片足を上げてとまっていて、びっくりしました!半年前に歩き出したと思ったら、もう音楽に合わせて動いている成長する姿が見られていい機会になりましたありがとうございました。

うさぎ組(2歳児)

 我が子にとって初めての運動会。まともに参加できるのか心配していましたが、楽しそうに踊る姿や、競技に一緒に参加できた様子を見て、まだ入園して2ヶ月しか経っていない間にもちゃんと成長していることが感じられました。おだやかでのびのびとしたとっても楽しい運動会でした。ありがとうございました。

くま組(3歳児)

 コロナで縮小開催とはいえ、子どもたちと楽しく運動できて満足の運動会でした。子どもが障害物競走や玉入れなど、きちんとルールを理解して、友達と一緒に楽しく遊んでいる姿を見て成長を実感し、あーやっぱり子どもは可愛いと改めて感じることができるひと時でした。お父さんお母さんと一緒に取り組む演目が多く、とても楽しませて頂きました。子どもだけの演目、一緒に参加する演目のバランスがとても良かったと思います。
 コロナで難しいかもしれませんが、保護者の参加を2名にして頂けると写真に気を取られず運動会に集中できるのにな〜と感じました。参加できなかった父母のために、皆でカメラ片手に運動する形になってしまっていましたので…。

きりん組(4歳児)

 りす組以来の運動会。子どもたちの楽しそうな笑顔、負けて悔しそうな顔を見れて幸せな気持ちになれました。保護者の綱引きはついつい本気になってしまい、翌日足腰にきてしまいましたが、親子の気持ちが一体になり、良い思い出になりました。保育参加できなくなってしまった今、普段の生活を切り取ったひがとこの運動会の良さが改めて良くわかりました。

ぞう組(5歳児)

 とても素敵な運動会でした。子どもたちが頑張る姿や成長した姿、お友達とのやりとり…。家ではなかなか見ることのできない姿を見ることができて嬉しかったです。コロナ禍で披露の場が減ってしまい初めて見る太鼓も子どもたちの一生懸命で真剣な姿に感動しました。また、リレーでもチーム同士で一生懸命応援し合う姿、一人ひとりが一生懸命走る姿にとても感動しました。来年はもう見ることはないのだと思うと、ただただ寂しいばかりですが…。ひがとこならではの運動会がとても大好きで、子どもにとっても親である私にとってもとても良い思い出です。コロナ禍で難しいことも多々ある中で開催していただいたこと、本当に感謝しています。ありがとうございました。

その他たくさんの運動会の感想をありがとうございました。感想を踏まえ、カメラの件、参加人数、開催方法など来年度どのように開催できるか職員で検討してまいります。

日和田山登山
— 2022年10月24日(月) —

 運動会でたくさんの力を発揮したぞう組。その力で今度は山登りに挑戦しました。10月24日(月)ぞう組全員で日和田山に登ってきました。
 「どこいくの〜?」「日和田山だよ〜。」「行ってきまーす。」とリュックにはお弁当や着替えなどたくさんの物を背負って出発したぞう組さん。皆んなで登る意気込みが後ろ姿から感じられました。
 帰ってきたぞう組を見てきりん組さんたちが「すごいね〜。いいな〜。」と声をかけてきました。山に登った達成感に満ち溢れた表情は一段と頼もしく映ったのでしょう。

今月の予定