HOME 保育について いろいろな子育て事業 給食室より 園長先生のページ
みんなの顔 ひがとこ画廊 おさんぽマップ 広報紙ゆっくりゆっくり 採用情報

2019年7月号

2019年6月号はこちら
ぞう組お泊まり保育
6月28日 ぞう組お泊まり保育 入間祭の森公園で川遊びや虫探しを堪能
園長 西田恵美子

ぞう組カレーパーティー
—令和元年6月14日(金)—

美味しいカレーになあれ!

 ぞう組が保育園の先生たちをカレーパーティーに招待してくれました。夜6時から7時半まで保育園にみんなでいるのは初めて!楽しかったね!

カレーパーティー
美味しくてお代わりたくさんしたね!
カレーパーティー
カレーのお礼にと先生達が劇を見せてくれました。

ぞう組お泊まり保育
—令和元年6月28日(金)〜29日(土)—

ぞう組お泊まり保育入間児童センターのプラネタリウムでは星の美しさに思わず拍手喝采!

ぞう組お泊まり保育サピオのお風呂に入り、風呂上がりにアイスを食べたよ

ぞう組お泊まり保育おはよう!朝食は目玉焼き作りに挑戦

 6月14日のカレーパーティーの後「保育園でお泊まりしよう!」ということになり6月28日〜29日にお泊まり保育を行いました。
 子ども達はこの日までクラスの中でたくさん話し合い準備を進めてきました。初めは「お父さんとお母さんが寂しがるから泊まれない」「夜、パパとママがいないといやだ」など言っていた子どももいましたが、クラスの話し合いを重ねていき “みんなでお泊まりしよう!”と当日を21人全員で元気に迎えられることができました。“自分のことは自分で”この力が生きる力にもつながっていきます。そして仲間と共に乗り越え、体験したことが大きな自信になってさらに力になることでしょう。

保育園の様子
—6月の園児たち—

6月の園児たちひよこ組(0歳児)チャプチャプ。お水って楽しいね〜

 プールや水遊びも始まり、庭のあちこちで楽しい遊びが繰り広げられています。砂・水・土・葉っぱ・絵の具…あらゆる物が子どもたちにとって大切な遊びの道具です。見て、触れて、感じて、五感を刺激しフル稼働させて遊ぶことが、子どもの成長に繋がります。夢中で遊んでいる時の子どもたちの目はきらきら輝いています。子ども達が自ら夢中になって遊べる、そんな生活や、環境を作り、見守っていきたいと思っています。
 さて、梅雨明けしたら夏本番!夏ならではの生活を楽しみましょう。

6月の園児たち
うさぎ組(2歳児)泥んこ大好き!
6月の園児たち
くま組(3歳児)外で絵の具あそび。いろいろな色ができたよ!

2019年6月号

2019年7月号はこちら

 2019年6月3日 爽やかな梅雨入り前のお天気のいい日

園長 西田恵美子

 

子どもたちの様子

ひよこ組(0歳児クラス)

子どもの様子 安心できる場所で、好きな遊びを見つけるひよこ組

りす組(1歳児クラス)

子どもの様子 お友達と同じことがやりたくなってきたりす組

うさぎ組(2歳児クラス)

子どもの様子 トントントン。お友達とのやりとりが楽しいうさぎ組

くま組(3歳児クラス)

子どもの様子 泥が顔についてもへっちゃら!ダイナミックに遊ぶくま組

きりん組(4歳児クラス)

子どもの様子 はじめてのクッキング。ピーラ ーを使って、人参の白和えづくりをするきりん組。

ぞう組(5歳児クラス)

子どもの様子 ザリガニは釣れず…おたまじゃくしを持ち帰り…カエルになりました。新しい仲間も登場!

飯能の森へバス遠足(4・5歳児)

子どもの様子 とっつぁんの森へ

子どもの様子

ただいま観察中!

子どもの様子 くま組が園庭のキンカンの葉っぱにいるアゲハチョウの幼虫を見つけました。ちょうどサナギになろうとしています。

子どもの様子 ぞう組が捕まえたカナヘビ。脱皮して、なんと卵を産みました。無事にかえるといいな。

 新緑の季節の中で、子ども達は心ゆくまで遊び続けます。私たちは大切な命を預かり、元気に一日を過ごし家族の元に帰す。それが一番の仕事と考え実践してきました。しかし、今その根底をも覆すほどの凄惨な事件が後をたたず言葉を失ってしまいます。「子どもの命を守る」その重みを一人一人の職員が受けとめこれからも安心して過ごせる豊かな時間を保護者、地域の方とも手をつなぎ合い守っていきたいと思います。どんな小さな不安も声にしていきましょう