園だより

2020年

8月

 新型コロナウイルスは収束に向かうどころか、感染者が増加の一途を辿っています。国からGO TOキャンペーンが打ち出され、ようやく梅雨も明け夏本番になりましたが、軽症でも後遺症に苦しんだり、重症になる方も出てきていて不安は増す一方です。感染しない、させない!なお一層、注意をしながらも“今年は今年の夏”を工夫しながら楽しめるといいですね。
 そのような中、8月開催予定だった保護者の方との夏祭りが中止になりましたが、子ども達とだけでも夏祭りをしようと計画し、7月17日“夏祭りごっこ”を楽しみました。職員によるゲームコーナーでは自分でやりたいゲームを選び、楽しんだり、ぞう組によるお店屋さんコーナーでは、お兄さん達が作ってくれた折り紙などを買ったりしました。ぞう組が事前に各クラスに渡してくれたチケットと引き換えに買ったのですが、他のクラスの子ども達も、お店がオープンするのを今か今かと心待ちにしていて、とても嬉しそうでした。ぞう組も大張り切りで準備したり、お店屋さんになることを楽しんでいました。そして、この日からかき氷屋さんもスタートして、短い時間、それも雨天ではありましたが、大盛り上がりの夏祭りごっこができました。

夏祭り
―7月17日―

夏祭りを盛り上げる手作りちょうちんや飾り
ヨーヨー釣りコーナー
ずーっと離れない子もいたね♪
ぞう組によるお店屋さんコーナー
「いらっしゃいませ~」
ゴキブリ叩きゲーム
ボーリングコーナー
輪投げコーナー
水鉄砲コーナー
カレー屋さん(これは本物!)
かき氷屋さんもスタート

 保育園の中はこのように楽しいことがいっぱいですが、新型コロナウイルスのことで世界中が大変なことになっています。あの韓国でさえ軍事費を削ってコロナ関連に当てたりしているとのこと。日本の政府はというと、医療、介護、福祉、飲食、などなど困っているあらゆる現場を理解せず、軍事費を削ろうともしていません。つい最近、核兵器廃絶の署名活動を、とある地方の高校生たちがしている姿がニュースでほんの少し流れましたが、こんな若い人たちが日本でもしっかり育っていることに少しホッとしました。コロナの陰に隠れてしまっていますが、今年も8月、決して忘れてはいけない日が来ます。憲法9条を守り、“二度と戦争はしない!”国に、そして子ども達の、みんなの夢が願いが叶う国になりますように!

今年の全国保育団体合同研究集会
―8月8日(土)13時WEB配信―

 毎年8月3日間、職員が参加していた全国保育団体合同研究集会、今年は福島で開催される予定で、楽しみにしていましたが、コロナのことで中止になってしまいました。とても残念ですが、8月8日(土)13時~WEB合研“コロナ禍から見える保育、子育ての課題と私たちが大切にしたいこと”を行うとのことです。興味のある方はぜひ覗いてみてください。

2020年WEB合研YouTube Gouken Channelはこちら
https://www.youtube.com/channel/UCe8JwK28hCdVAx2i_26bQOg

園長 西田恵美子

今月の予定