園だより

2021年

1月号

あけましておめでとうございます

 年末、年始はどのようにお過ごしでしたでしょうか?とは言っても新型コロナ感染者数も増すばかりで、1月7日の夜にとうとう1都3県に緊急事態宣言が発出されました。変異型も確認され始め、医療現場もひっ迫し、不安が増すばかりの新年になってしまいました。
 先週末に一斉メールでもお知らせしましたが、保育園は通常通りの保育を行います。でも、今まで以上に感染を防ぐことが必要になっていくと思います。保育園では3密を控えることは難しいことではありますが、出来ることを工夫しながら保育を進めていきたいと思っています。何かと不便なことがあるかと思いますが、今後も引き続きご協力をよろしくお願いいたします。
 このような中ではありますが、久々に登園して来た子ども達は、みんな笑顔で元気いっぱい!子ども達のこの笑顔が救いであり、私たちの光でもあります。この子ども達のためにもみんなで思いを繋げていきましょう。
これからも元気で過ごせますように!今年もどうぞよろしくお願いいたします。

お餅つき&鏡もち作り

昨年12月24日にお餅をついて鏡もち作りをしました。毎年この時期、胃腸炎などの感染症が流行り、お餅つきができなくなっていました。そして今年、コロナ感染防止の為餅つきはできたものの、食べることは中止、鏡もち作りを見学しました。「神さまのおもちなんだよね」と言いながら見ていた子ども達です。

ぺったんこ、ぺったんこ
よいしょ~!
鏡もち作り
おいしそう…これ食べれるの?

鏡開き
1月12日(火)

歳神さまにお供えした鏡もちを刃物を使わずに木槌などで割ったり、手で小さくして雑煮やしるこにして食べることを鏡開きと言います。1月11日鏡開きの日は祝日でしたが、保育園でも一日遅れの鏡開きを行いました。

獅子舞登場!
ひよこ組からぞう組まで
頭を噛んでもらい
無病息災!
正月遊びを紹介しました
鏡開き(もちを割る)も
各クラスで行いました

園長 西田恵美子

今月の予定