園だより

2020年

10月

懇談会を終えて
— 各クラスの担任より —
ひよこ組(0歳児)

 初めての保育園生活を送る子ども達が元気に過ごしている様子を、写真や一日の生活リズムと共にお話ししました。また、どのような想いで子ども達を預けているか、大変なことは…など保護者のみなさんの想いを聴くことができました。

りす組(1歳児)

 子ども達の遊びの様子や生活の様子を写真を通じてエピソードなどをふまえてお話ししました。また、保育園から帰ってからの過ごし方や、夜寝る時はどうしてる?と日々の生活の中での悩みや、アイデアなど、出し合いました。

うさぎ組(2歳児)

 新しい方も含めて顔合わせがやっとできました。友達との関わりや食事や排泄など変化が著しく成長する時期の悩みが出てきたので、一時間では語りつくせず、保護者のみなさんもまだまだ話したい!という感じでした。大変だけどみんなでつながって子育てをしていこうという話などもしました。

くま組(3歳児)

 子ども達の写真や絵と共に、友達との関係や楽しんでいる遊びの様子、生活についてなどをお伝えしました。保護者の方々の楽しみも教えていただくと共感したり、感嘆したり。新しい方も一緒に顔合わせができ、短い時間でしたが和やかな会になりました。

きりん組(4歳児)

 4歳児の楽しい姿、心の葛藤を子ども達の様子と共にお話をしました。現状、園での生活が見えない分保護者の方との対話や子ども達の声が大切だと感じました。最後に「はたけのポルカ」の歌を披露しました。子ども達の姿は最高に楽しそうでした!

ぞう組(5歳児)

 懇談会の前に、太鼓を初披露しました。ぞう組らしい姿に涙する方も。小学校に向けて不安なことなどを出してもらったり、保育園最後の年、コロナ禍の今でもできることや、できないことについて話したりしました。

お月見の会
— 10月1日 —

10月1日は中秋の名月です。保育園では乳児クラス、幼児クラス共にお月見の会を行いました。

乳児はお月さまの紙芝居を読んでもらいみんなよーく集中していました。
幼児は、絵本「ぼくお月さまがほしいんだ」の影絵を見ました。

運動会について

 全クラスでの運動会を行いたかったのですが、例年、園児と保護者、ご家族も合わせると400名以上の参加者になります。マスクをしていただくとは言え観客席が密になってしまう事、年齢別に時間を分けたり、日にちを分けると兄弟姉妹がいる方は何回も日にちや時間を取られてしまうことなど、負担が大きくなってしまいます。
 そこで、すでにお伝えしている通り、保育園生活最後の5歳ぞう組と来年年長クラスになる4歳きりん組のみの運動会とさせていただきます。内容も例年とは異なり、接触を極力避ける、密にならない、などできることを考え、その中でも“みんなが遊び、楽しめる”ものにしたいと思っています。
 0歳からみんなでの運動会ができないのはとても残念ですが、ご理解いただくようお願いします。来月、4、5歳クラス以外の子ども達の保育園でのあそびや様子を知っていただく機会も作りたいと思っていますので、お待ちくださいね。

園長 西田恵美子

今月の予定