園だより

2021年

9月

 8月はお休みのご協力、ご理解をしていただき感謝しています。ありがとうございました。
 皆、感染防止に努めてはいますが、全国、それもここ所沢での新型コロナ感染者数を見ると、誰が感染してもおかしくない状況であると思わざるを得ません。国は、新型コロナワクチン接種をと言っていますが、受け付け開始なのにすでに満杯で予約が取れない状況であったり、取れてもずっと先であったりの状況です。医療もひっ迫、重症でも病院に入れず自宅で苦しんでいる方が増えていて、ニュースを見る度に胸が痛くなります。緊急事態宣言が延長されたとは言っても効果があるのか?と問いたくなります。国民が大切にされている実感もなく日本の対応は後手後手で疑問符だらけです。誰かが “光が見えてきている” と言っていましたがどこに光が見えているのか見当もつきません。
 さて、この夏は突然の大雨が降ったり、暑くなったり、はたまた涼しくなったと思うとまた突然の猛暑になったりで、体調を整えるのも難しい夏でしたね。ひがとこ保育園の乳児クラスの子ども達は、全国的に大流行したRSウイルスに見舞われたりもしましたが、泥んこに水遊び、ホースの手作りミストシャワーの下などで涼みながら、たっぷり夏の遊びを堪能しました。幼児クラスのみにはなりましたが、昨年できなかったプールにも入ることが出来ました。秋も変わらずに…と言いたいところですが、この感染状況を見ると、今後予定していた行事は予定通りできないと考えています。子ども達の生活、遊びは変えず、コロナ禍の中でもできる楽しいことを工夫しながら続けていきたいと思っています。ご理解ご協力をよろしくお願い致します。

8月の各クラスの様子
幼児クラス
くま組
(3歳児)
きりん組
(4歳児)
ぞう組
(5歳児)

—プール遊び—

 二年ぶりのプールに「みんなで入れて嬉しいね!」という声。水に顔をつけてみたり、イルカジャンプに挑戦してみたり、プールを思いっきり楽しみました!

—水でっぽう—

 的に当てたり、友達同士や先生とビチョビチョになるまでかけあったり。最後は「あ~気持ち良かったぁ」と笑顔です。

—泥んこ遊び—

 手に泥をつけて「おばけだぞ~!」とおいかけっこをしたり、一本橋から泥んこめがけてジャンプしたりとたっぷり泥んこ遊びを楽しみました。

乳児クラス
ひよこ組
(0歳児)
りす組
(1歳児)
うさぎ組
(2歳児)

—色水あそび—

 冷たくって気持ちいいね。赤い色だから…「いちご味なんだよ」「いちごのかき氷だよ~」など赤い色水から想像を膨らませて、カップに移して楽しんでいます。

—あわあわ遊び—

 タライに水を入れ水遊び‼ 石鹸であわあわを作ったり、食紅で色を付けジュース屋さんごっこを楽しみました。

—赤ちゃんだって水遊び—

 ひよこ組も暑い夏を楽しく過ごそうと水遊びをしました。水をトントンと触って感触を楽しんだり、氷の冷たさに驚いたり。色々な発見の毎日です。

子どものつぶやき
— いっしょだねー2歳児 —

Aちゃん
「昨日、お家でヤダヤダ言ったんだよねー」

Bちゃん
「いつヤダヤダって言ったの?ご飯食べている時?」

Cちゃん
「私もヤダヤダって言ったよー」

Bちゃん
「同じだねー」

お互い“うんうんわかるー”と、ヤダヤダに出会った者同士、通じ合うものがあるのかな?

— 収穫するものー5歳児 —

「みてーこんなにいっぱい‼」と容器にはたくさんのチョコレート。(砂場の粘土層)「どこにあったの?」と聞くと、「チョコレートの畑にあるよー」と砂場を指さします。

 昨日泥んこ遊びをした後、砂場の表面の一面に粘土層が出来上がります。チョコレートがたくさんできるから“チョコレートの畑”と名付けたのでしょう。野菜を収穫する畑、チョコレートが採れる畑。どれも収穫が楽しみですね。

園長 西田恵美子

今月の予定