今月の
ゆっくりゆっくり
情報

2021年

2月

支援室よりお知らせ
保育園で遊びませんか?

園庭に親子で遊びに来ませんか?

  •  日時
    • 2月18日(木) 10:30~11:30
  • 場所
    • 東所沢保育園園庭
  • どんなことするの?
    • ・自由遊び
    • ・絵本や紙芝居
    • ・おひな様づくり
    • ・子育て相談などなど
  • その他
    • ・桜タウン側の入口よりお入りください。
    • ・受付にて検温、消毒、記名をしていただきます。
    • ・室内にははいれませんので、ご承知の上ご参加ください。
    • ・雨天中止です。
TEL04-2946-3310
電話する
子育て支援コラム

絵を描くことは好きですか?

 「小さい頃は好きだったけど…」「絵は苦手‼」そんな方もいるのでは?
 子どもが絵を描いた時「上手だね~‼」と言ってほめてあげていませんか?小さい頃は「絵を描く」ということは自己表現のひとつ。その「描く」という事を嫌いになってしまうこと、自由に描くことが出来なくなってしまうのは、大人の言葉がけだと言います。「上手」といううらには「下手」という絵があるというのを伝えているのと同じです。子ども達の描く絵は大人が描く視覚的なイメージが優先したものではなく、点や線、丸の中に自分の創造を表現しています。
 ほめてあげる時は具体的な部分を伝えてあげるといいそうです。たとえば、「そのお花の色かわいいね」「この線力強くてかっこいい!」「暖かそうだね」など素敵な部分を見つけてあげると子どももうれしくて次々絵を描こうと意欲的になりますよ。彫刻家で美術活動を指導して下さった故大森先生は、保育士や保護者の方々に「子どもの絵のファンクラブになろう」と伝えてくれました。どんな絵、作品も子ども達の大切な分身です。一方的な見方だけでなく多面的にどれだけいいところを見つけられるか…大人も創造力を働かせてみましょう‼


身体が動くと手も動く‼
スタートは身体作りから…
歩けるようになり手が自由になると殴り書きがスタート
肩や肘の関節がしっかりしてくると往復線が
肩と肘が同時に動き身体が大きく動かせるようになってくると
さらに身体全体が動くようになると手首の関節を軸に小さい丸も出てきます。
2歳ごろになると始めと終わりのある線、目の動きも結びついて丸が閉じてきます。
丸の中に意味や線で思いを伝えようとします。
うた紹介

なつかしの…あそびえかきうた

かわいいコックさん
おもちゃ紹介
手作りたこであそぼう!

 身近な物を使って簡単に作れます。寒い冬も走って身体をあたためよう!

小さなビニール袋で風を感じるたこ
厚紙で走るとくるくる回るたこ
大きなポリ袋で
離乳食講習会

毎年行っていた離乳食講習会や地域の方たちとの交流をコロナウイルス流行のため、現在休止とさせていただいております。様々なパターンを模索しておりますが、密着が避けられない保育園という場所では難しいのが現状です。電話や個別でのご相談は受け付けております。また、離乳食の相談なども栄養士と一緒に出来ますので、お気軽にご連絡ください。

離乳食って何?

離乳食とは、母乳やミルク以外の食品から栄養を摂り、幼児食へと移行する過程の食事の事です。
 厚生労働省から「授乳・離乳の支援ガイド」が出ていますが、一人一人発達や生活リズムが違うので、個々の赤ちゃんの様子を見ながら進めることが大切です。
 「始めたら戻れない」と思ってしまいがちですが、途中で戻ってもいいのでゆっくりと「食べる」練習をしていきましょう。

離乳食全体の流れ

子育て支援室
「ひろば」より

公園で「おしゃべりひろば」として行っていましたが、自粛要請によりしばらくお休みしています。こちらは、昨年11月の様子です。

2020年

11月の様子

このボードが目印です

子育てなんでも相談

子どものこと何でも相談

一人で考えていると、どんどん悩みが大きくなって…、子育て時期には、よくある悩みです。
困っていること、実は子どもの成長には意味あることで、親も子も一緒に学び成長できるチャンス‼
悩むより相談してみましょう‼

※ひがとこの「子育て何でも相談」は、いつでもご相談をお受けしております。

※見学は随時可能ですが、人数制限やマスクの着用、手指消毒などご協力をお願いしています。まずはお電話でご相談ください。