給食室より

2021年

1月

明けましておめでとうございます

 去年はコロナの影響で大変な年になりましたが、保育園でもできることを見つけながら楽しい毎日を送ることが出来ました。給食室も子ども達に喜んでもらえる給食を日々考え、献立を見直し、新しいメニューを考えたり、畑の野菜が届けばその野菜を使った一品をたくさん出してきました。
 給食室にいつも「今日の給食はなあに?」と子ども達の声が響き、その声は日に日に増え、楽しみにしてくれていることを嬉しく思います。
 今年も子ども達の成長を見守りながら、安心安全な給食を作っていきたいと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

♦まめ知識♦

春の七草を食べましょう

 1月7日は「無病息災」「長寿富貴」を願い、古くから日本で行われてきた習慣です。寒さに負けない青菜の生命力にあやかるということです。春の七草(せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ)は生き生きとした青菜のままで冬を越すのが特徴でビタミン・ミネラルが豊富、正月で疲れた胃を整えてくれます。保育園でも1月7日のおやつに出します。

鏡開き

 1月11日はお正月に飾っていた鏡餅を食べる「鏡開き」の日です。鏡餅にはその年の神様が宿るとされていて、鏡餅を開くことで正月が終わります。神様が宿ったお餅で雑煮やぜんざいなどに入れて頂き、一年間の家族の円満や健康、開運を祈願する行事です。保育園でも1月12日に12月に作った鏡餅で鏡開きをします。

♦ 寒さに負けない体をつくろう! ♦

気温が下がったり、空気が乾燥してくると風邪をひきやすくなります。そんな風邪に負けない体を作るために、食事は大切なものです。しっかり栄養を摂ってこの冬を乗り切っていきましょう。

タンパク質はしっかり摂りましょう

タンパク質は抵抗力を高めてくれます。

ビタミンBを摂りましょう

ビタミンBは体の疲れをとる働きがあります。

ビタミンEを摂りましょう

血行を良くし、体の新陳代謝を活発にします。

ビタミンAを摂りましょう

ビタミンAはのどや鼻の粘膜を丈夫にしてウイルスが体に入るのを防いでくれます。

ビタミンCは欠かさずに

ビタミンCは寒さからくるストレスから体を守ったり、ウイルスをやっつけたりと寒さや病気に対する抵抗力を高めてくれます。

ひがとこの給食

 東所沢保育園の子ども達は、給食がとっても大好き。皆で食卓を囲んで楽しく食べています。食欲旺盛な子ども達は一食分では足りず、おかわりをお皿にてんこもりにして、大人も驚くほどの勢いで完食します。
 いつも「おいしい給食作ってくれてありがとう!」の子ども達の声に元気をもらっています。

温かいご飯を囲んでみんなで食べると美味しいね
僕の食べられる量はこれくらいかな~
旬の食材を使い季節にあった給食
さんまがぶり!丸かじり

その時期の旬の物を献立に取り入れ、子ども達にたくさんの旬のものを味わってもらったり、知ってもらえる給食作りをしています。

行事食や日本の伝統食・食文化を伝える給食作り

季節の行事に合わせた行事食や日本の伝統食を献立に取り入れています。行事食や伝統食を出す時には子ども達にどういう理由で食べるのか伝えています。

畑で子ども達が育てた野菜や地域の農家の方から頂いた野菜をすぐ調理
畑の野菜が採れたよ
収穫した野菜でクッキング

ひがとこでは幼児クラスを中心に畑をやっています。夏冬で野菜を育て、収穫の時期になると子ども達がその収穫した野菜を給食室に「おいしくしてください!」ともって来ます。それをすぐに調理して給食の一品として出しています。  また、ひがとこはありがたいことに農家さんから新鮮な野菜をいただく機会が多くあり、そういう時はそれを調理して給食でふるまっています。

子ども達が楽しみにできる給食作り
お寿司屋さん「何にしますか?」「たまごください」

味付けや盛り付け方、彩りなどに変化と特色を持たせるように心がけています。 3月にはぞう組の子ども達が好きな給食をリクエストする「リクエスト給食」があります。

手作り給食

給食もおやつも100%手作りで提供しています。

今日の給食は何ですか?
離乳食よく食べているかな?栄養士の先生もお手伝い。