給食室より

2020年

7月

 4月の中旬からコロナの影響で臨時休園となり、6月から徐々に日常が戻ってきました。休園明けの子ども達は心も体も大きくなっていて、その姿に驚かされました。
 食事のとり方も休園期間同様ソーシャルディスタンスを心掛け、配膳の仕方や机の配置などを工夫して行っています。子ども達も徐々にそのやり方にも慣れ、自然とできるようになってきました。
 給食室でもこまめに消毒を行ったり、配膳にも気を付けて行っています。

七夕(7月7日)
何でそうめんを食べるの??

 中国伝来の縄のように編み上げた小麦粉のお菓子のようなもの「索餅(さくべい)」が時代と共に変化し、同じ小麦粉で作られた「そうめん」が食べられるようになりました。
 「そうめん」を食べることによって「7月7日に食べると一年間無病息災で過ごせる」という言い伝えがされています。また「そうめん」を織姫に使う糸に見立てて「芸事が上手になりますように」と願いながら食べる説もあります。保育園でも7月7日はそうめんを食べます。

給食室と子ども達の関わり

給食室からの匂いを嗅ぎつけて、いつも子ども達が給食室に顔を出しに来てくれます。

 乳児クラス

  • 離乳食の相談にのっています。
  • 食事の時間に様子を見に行き、お手伝いや声かけをしています。

 幼児クラス

  • クッキングに参加したり、指導に入ります。
    畑で育てている野菜を使ってクッキングもします。
  • 食事のお手伝いに入ります。

♦ 夏バテ防止メニュー ♦

夏が旬の食べ物

きゅうり・トマト・なす・ピーマン・かぼちゃ・レタス・とうもろこし・枝豆…

— 豚肉のロール巻き —

夏はよく汗をかくので、エネルギーを作り出すビタミンB群が排出されてしまいます。そのためビタミンB群を摂ることが大切です。豚肉や枝豆、胚芽米に多く含まれています。

【材料】4人分

  • ・豚肉…10枚
  • ・人参…1/2本
  • ・いんげん…4本
  • ・調味液 分量は1:1:1
    • みりん
    • 酒(少なめにしても良いです)
    • 濃い口しょうゆ
作り方
  1. ①人参は4cmぐらいの拍子切り、いんげんは3等分ぐらいにして茹でる。
  2. ②豚肉で人参といんげんを巻く
  3. ③調味液を作る
  4. ④フライパンで巻いた肉を焼き、③を入れる。照りを付けて完成!

ひがとこの給食

 東所沢保育園の子ども達は、給食がとっても大好き。皆で食卓を囲んで楽しく食べています。食欲旺盛な子ども達は一食分では足りず、おかわりをお皿にてんこもりにして、大人も驚くほどの勢いで完食します。
 いつも「おいしい給食作ってくれてありがとう!」の子ども達の声に元気をもらっています。

温かいご飯を囲んでみんなで食べると美味しいね
僕の食べられる量はこれくらいかな~
旬の食材を使い季節にあった給食
さんまがぶり!丸かじり

その時期の旬の物を献立に取り入れ、子ども達にたくさんの旬のものを味わってもらったり、知ってもらえる給食作りをしています。

行事食や日本の伝統食・食文化を伝える給食作り

季節の行事に合わせた行事食や日本の伝統食を献立に取り入れています。行事食や伝統食を出す時には子ども達にどういう理由で食べるのか伝えています。

畑で子ども達が育てた野菜や地域の農家の方から頂いた野菜をすぐ調理
畑の野菜が採れたよ
収穫した野菜でクッキング

ひがとこでは幼児クラスを中心に畑をやっています。夏冬で野菜を育て、収穫の時期になると子ども達がその収穫した野菜を給食室に「おいしくしてください!」ともって来ます。それをすぐに調理して給食の一品として出しています。  また、ひがとこはありがたいことに農家さんから新鮮な野菜をいただく機会が多くあり、そういう時はそれを調理して給食でふるまっています。

子ども達が楽しみにできる給食作り
お寿司屋さん「何にしますか?」「たまごください」

味付けや盛り付け方、彩りなどに変化と特色を持たせるように心がけています。 3月にはぞう組の子ども達が好きな給食をリクエストする「リクエスト給食」があります。

手作り給食

給食もおやつも100%手作りで提供しています。

今日の給食は何ですか?
離乳食よく食べているかな?栄養士の先生もお手伝い。